ドラクエ10 鍛冶シート

鍛冶エクセルもとりあえず

せっかく鍛冶デビューしたので、いろいろ数値を調べながらエクセルも作ってみました。

なんとなくなので、やや使いづらいところもあるかもしれないです。

DQX_kaji_0310_b

シミュレータ機能を追加しました。

詳細はこちらの記事から

0323

シミュレータ機能追加版と差し替え

43126388

 

使い方

全体の様子はこんな感じ

buki1

 

 

いつもとほぼ変わらないフォーマット。私の技術ではここまでです。

まんなんかのやたら大きい枠が数値入力欄、ということ。

自分でもびっくりするくらい大きくしてしまいました。

理由はその下。

buki2 鍛冶ではピッタリの適正HPがどうやらないようです。

そして緑のセーフゾーンの幅も部位によって異なります(たぶん)

右側の枠内にいろいろ書いてますが、これはそれぞれ

左上・・・上限-合計値
右上・・・上限
左下・・・下限-合計値
右下・・・ 下限
中央・・・ ダメージ合計

この辺りを一つにまとめたら、枠が大きくなって、わかりやすく入力欄と大きさを合わせたら、こんなに大きくなってしまいました。
buki3

右側のダメージ一覧も作っています。

これは、温度の変化でダメージも変わっていきます。

 

入力した値は、数値記録というシートに勝手に記録されていきます。

 

buki4

 

上限と下限なんてわからないよ、って方はアナログで。

ダメージの量と、ものさしで測った実測値、上限と下限の実測値をそれぞれ入力すれば、おおよそのHPが自動で計算される仕組みです。

あとは、データを入力するシートにコピペすれば大丈夫。

 

どうやら、コツを掴むことで上限と下限が変わらなくなるそうですが、コツを掴まない状態でもある程度セーフゾーンは変わらないっぽいです。

 

 

注意

デフォルトで入っている数値は、適当です。

また、このツールは☆3を作るためのものではなく、☆1、☆なしを避ける、という意味合いが強いです。

ガンガン作る人にとってはあまり必要のないツールですが、一つひとつじっくり作りたい人にはいいかもしれないです。

 

ちょっと使いづらいところもありますが、まぁそれはそれで。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ10 鍛冶シート” への4件のコメント

    • エクセルシート自体のことを指しているのでしたら、記事上部の、DQX_kaji_0221a という所をクリックしたらエクセルシートのダウンロードができます。
      エクセル自体がインストールされていない場合は、オープンオフィスでもできるかもしれないですが、確認していないので、ちゃんと動くか分かりません。
      オープンオフィスについては、グーグル先生にでも聞いてもらえればと思います。

      鍛冶シミュレータの機能でしたら、まだチマチマ作っているところなので、でき次第ブログにでもアップすると思います^^;

  1. 録画したものを確認しているのですが、1600度でたたく16、1500度でたたく23がでたので、温度とダメージがわずかに違うところがあるかと。でも全体的にグレイトなワークシートです、まさにグレイト。数値入力できる上に緑枠の上限下限まで保管しておける、夢のような鍛冶シートです。それとダメージ定規で図った仮想HPはけっこう本当に録画データのHPとかなり近いですね。みかがみ盾のデータで1割誤差くらいでHPがだせました。1割はハンマー一回分なので致命的といえば致命的ですが、初めてのレシピにはかなり使えそうな感触です。これで★3が狙えれば大満足ですけれども、そこはスクエニ次第・・・。

    • 録画して確認されているんですね。グレイト。
      そんなグレイトな評価をいただきありがとうございます^^

      ダメージのズレですが、温度とダメージの計算式が若干間違えていました。
      温度とダメージ相関関係は、概ね50度ごとに0.025倍加算されるようになっています。1000度なら1.0倍、1050度なら1.025倍と言った具合に。
      そこから切り上げや切り下げ、特技の係数を計算するとダメージレンジが導かれる仕組みになっています。

      その計算式で切り上げするところを、四捨五入していたようで、違うところが出てしまったようです^^;
      改めて DQX_kaji_0310_b のシートにダメージ計算の修正をしました。

      慣れないうちは、HPの上限・下限がわからないと、ほぼ失敗しますよね。
      多少の誤差はあっても、狙い打ちが使える範囲がわかれば大分楽になりますから。

      鍛冶で★3を狙おうとすると、狙い打ちが成功しないと話にならないのが辛いです><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>